セントラル警備保障
ページトップへ

CSPケータイdeアシストご利用規約、重要事項説明書の確認

利用規約(兼重要事項説明書)の確認
お申込みの際には、ご利用規約、重要事項説明書を充分にお読みいただけますよう、お願いします。
内容について、ご同意いただけましたら、『同意する』にチェックを入れ、『次へ進む』ボタンを押してください。
ご利用規約、重要事項説明書の書面は、契約申込み完了時に送付します登録完了通知書とともに郵送 させていただきますが、以下のリンクから印刷することができます。

※ご覧になるにはAdobe Readerが必要になります。

CSPケータイdeアシストご利用規約

CSPケータイdeアシスト(以下「本サービス」といいます)は、ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」といいます)が提供する位置情報通知端末(以下「端末」といいます)に関する通信回線契約のご契約者を対象として、セントラル警備保障株式会社(以下「CSP」といいます)が、電話要請に基づき端末の所在地付近へ出動するサービスです。CSPは、本規約に従ってご契約者(以下「お客様」といいます)に本サービスを提供します。
ご契約の前に必ず本規約をよくお読みください。


第1条(本サービスの内容)

1. CSPは、お客様またはお客様が指定した方(以下「要請者」といいます)からの電話による要請に基づいて、端末の位置検索を行い、CSPの警備員(以下「警備員」といいます)を端末を所持する人もしくは物(以下「警備対象」といいます)の所在地付近(以下「当該地」といいます)へ出動させて警備対象の確認を行います。CSPは、要請に基づいた出動を目的とした位置検索は行いますが、位置検索のみの依頼は原則としてお受けしません。
2. 本サービスは、要請者からの要請に基づいて、当該地へ出動し、警備対象の発見に努めることを目的とするもので、発見をお約束するものや、警備対象に発生した損害の補償をお約束するものではありません。
3. 本サービスにおけるCSPの契約上の義務は、捜索結果または対応結果を要請者に電話で報告した時点をもって完了するものとします。また、ご依頼から1時間を経過後の要請者への電話がつながらない場合は、その時点をもって電話報告未済のまま、CSPの契約上の義務は終了とします。
4. 警備員の当該地における業務は、次の各号のとおりとします。
(1)警備対象を発見した場合、警備員は要請者に電話で警備対象であるか否かの確認、 及び対応方法に関する協議を行い、警備対象が人の場合はタクシー会社の手配等、 警備対象が物の場合は発送手配等を行います。
(2)CSPは警備対象に危害が発生し、または危害が発生するおそれがあることを確認した際は、必要に応じて110番・119番通報を行います。
5. CSPは、医学的判断および医療類似行為などの医療支援活動は一切行いません。
6. 本サービスの対応時間は、要請出動の受諾後1時間とし、警備対象を発見できなくても、その旨を要請者へ電話報告した上で、本サービスは終了とします。ただし、要請者からの依頼に基づいてCSPが応諾した場合に限り、サービスを継続できます。
7. CSPは、お申込ページに入力いただいた警備対象にのみ本サービスを提供します。また、お申込ページに入力された情報と、出動要請時に要請者へ確認する詳細情報を元に警備対象の発見に努めます。
8. ソフトバンクのサービス圏外または携帯電話の電波が受信できない環境、もしくは端末の電源が切れている場合や故障の場合には、CSPは本サービスを提供できません。
9. 次のような場合は、CSPはサービスの提供が遅れたり、サービスの提供ができない場合があります。
(1)インターネット回線状況が混雑している場合
(2) ソフトバンクおよびインターネットサービスプロバイダ等の通信設備の故障や保守を行う場合
(3)天災地変・局地的な豪雨などが発生、もしくは発生することが予測される場合

第2条(契約の成立条件)

1. お客様は本サービスの申し込みを希望される場合、本お申し込みページにて手続きを行っていただきます。
2. 本サービスのお申し込みがあったときは、CSPは必要な手続きを行い、登録完了通知書をお客様に郵送し、登録完了通知書が到着した時点で契約が成立するものとします。
3. お客様は、本サービス提供を目的として、CSPが端末の位置情報などを取得することについて、警備対象または警備対象が物である場合はその所有者に対して、以下の項目を説明した上で、責任をもって同意を得るものとします。お客様が、当該同意を取得することなく本申込を行ったことにより、警備対象とCSPまたはソフトバンクとの間で紛争が起きた場合は、お客様の責任によりこれを解決するものとします。また、お客様は、当該同意を取得したことを、お申込ページ上でCSPおよびソフトバンクに対して表明し、保証するものとします。CSPは当該同意を得たことにかかるお客様の同意を確認のうえ、ソフトバンクに対し、端末の位置情報の開示に関する申請を行います。
(1) 本サービスにおいては、警備員を当該地へ出動させる目的で、端末の位置情報を利用すること
(2) 警備対象が端末を所持する(物である場合は端末を設置・搭載する)ことにより、お客様、要請者およびCSPに対して自らの位置情報が提供されること
(3) 端末の位置情報の検索結果は、警備対象に対する都度の通知なしにお客様、要請者およびCSPに対して提供されること
(4) 要請者に対して検索結果の内容・利用目的・利用する者の範囲が提供されること
(5) 警備対象の端末の電源を切ることにより、本サービスを利用出来ない代わりに、お客様、要請者およびCSPに対して、自らの位置情報が送出されることを防止できること
(6) 出動の結果、発見に至った警備対象の所有物または収納物について、CSPが必要があると判断した場合には現状確認のため開披する場合があること。また、発見時点で事件の可能性が高いと判断した場合には、CSPは警察機関へ通報すること。また、その場合において、CSPは警察機関の指示により当該所有物または収納物を押収の扱いとする可能性があること。
4. お客様が、本サービスのお申し込み手続を行った時点で、本サービス提供に関する同意をしたものとみなします。
5. お客様も警備対象も自然人であり、お客様と警備対象(人)との関係が親族または血縁関係ではない場合には、CSPはお申し込みをお断りする場合があります。
6. 警備対象が人以外(以下「物」といいます)である場合、個体認証できる番号をお申し込みページに入力してください。例えば「自転車」の場合には、防犯登録番号などの入力をお願いします。個体認証できる番号が存在しない場合には、警備対象の特徴などが分かる写真を、登録完了通知書交付時に同封する返送用封筒にて、別途ご提出してください。
7. ペットなどの動物は、警備対象としてお受けできません。
8. CSPは、お客様、契約のお申し込みをした方、または警備対象が以下の項目に該当する場合は、申し込みの受け付けをお断り、または解除することがあります。
なお、第1号および第5号は無催告とし、それ以外は催告のうえとします。
(1) 契約の申し込みをした方、または警備対象が実在しない場合
(2) 契約の申し込み内容に虚偽または重大な入力漏れがあった場合
(3) 本サービスについて、CSPより契約を解除されたことがある場合
(4) その他、CSPのサービス提供に支障を生ずるまたは生ずる可能性が高い場合
(5) お客様、契約の申し込みをした方、または警備対象が暴力団、暴力団関係者、暴力団関係企業、その他の反社会的勢力(以下「暴力団等反社会的勢力」といいます)である場合
(6) 申し込み内容に変更が生じているにも関わらず、長期にわたって変更の申し出をされない場合

第3条(契約期間)

1. 本契約の有効期間は、第2条第2項の登録手続完了日から起算して1年間とし、お客様またはCSPから別段の意思表示がない場合は、さらに1年間継続されるものとし、以後この例によるものとします。
2. お客様は本条第1項の契約期間に関わらず、解約希望月の月末から起算して1週間前までに解約申込書をCSPに届け出ることにより、いつでも解約することができます。なお、その場合は解約希望月の月末までが課金対象となります。
3. お客様はソフトバンクと契約する端末の通信回線契約を解約した際には、直ちにCSPに対し、本サービスの解約をお申し出いただくものとします。ソフトバンクショップでは本サービスの解約手続きはできません。
4. CSPは本条第1項の契約期間中にかかわらず、3ヶ月前までにお客様に事前に告知することにより本サービスを停止または終了することができるものとします。

第4条(月額警備料と出動料)

1. 本サービスの月額警備料は324円(税抜300円)、電話要請に基づき出動した場合の出動料は1回につき5,940円(税抜5,500円)です。なお、1回の出動に伴う対応時間は、原則として警備員が出動してから1時間とします。1時間を超える場合は、1時間単位で5,940円(税抜5,500円)の出動料をお客様にお支払いいただきます。消費税率の改定が行われた場合は、改定後の料率により算定するものとします。
2. 月額警備料はソフトバンクの回収代行により月々の通話料等と共にご請求させていただきます。
3. 出動料は、出動月の翌月にCSPから回収代行会社であるソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社を通じてご請求させていただきます。料金のお支払い方法については原則、クレジットカード決済とし、登録完了通知書交付時に同封するクレジットカード申込書に記入、同封の返送用封筒にて別途ご提出してください。クレジットカード決済手続き完了前に出動要請された場合は、銀行振込にてお支払いただく場合があります。クレジットカードをお持ちでないお客様は、コールセンターに自動振替依頼書送付の手続きを別途行っていただき、お申込みいただくことにより、お客様の取引銀行等からの自動振替によるお支払いとなります。
4. 本サービスに定める料金額は、経済情勢の変動あるいはやむを得ない事情がある場合はお客様に事前に告知のうえ、改定する場合があります。
5. 契約開始当月の月額警備料は無料です。翌月から課金対象となります。
6. 解約については、お申し出いただいた月の末日までを契約期間として、解約日を含む当月の月額警備料を日割り精算せずにお支払いいただきます。ただし、契約開始当月に解約をされる場合については契約開始当月の月額警備料無料の適用はせず、当月の月額警備料をお支払いいただきます。
7. お客様または要請者から第1条第1項記載の電話による要請に基づいてCSPが出動した場合、本条第1項の出動料をお支払いいただきます。なお、要請から警備対象の確認までの所要時間が1時間に満たない場合でも1時間を最小単位として切り上げます。ま た、要請に基づいてCSPが出動した場合は、警備対象に到着する以前に出動停止のお 申し出をいただいた場合でも、出動料をお支払いいただきます。
8. 警備対象が人の場合で、要請者からの依頼に基づいてタクシー会社を手配し、乗車するまでの立ち会いを行う場合、乗車するまでの立ち会いの時間は、本条第1項に定める出動料をお支払いいただきます。
なお、タクシーの乗車にかかる費用について、CSPでは立て替え払いを行いません。 また、警備対象が物の場合で、お客様または要請者が現地到着までの間、警備員が現場に待機の扱いとする場合は、待機中の時間は、本条第1項に定める出動料の対象とさせていただきます。

第5条(出動受託条件)

1. 本サービスの受付時間帯および警備員の出動時間帯は、24時間365日とします。1回の出動に伴う対応時間は、警備員が出動した時点から1時間を限度とします。
2. 本サービスに従事する警備員は、警備業務に関する法令の知識、警備業務実施に関する知識および技能を有しています。
3. 本サービスに従事する警備員の服装については、警備業法の定めに従い、公安委員会に届出を行った服装を用いています。
また、車両、無線機、警戒棒、懐中電灯等、本サービスに必要な資機材を使用します。
4. お客様は緊急連絡先をあらかじめCSPへ届け出るものとします。緊急連絡先はお客様ご本人を含めて5名まで登録することができます。また、登録していただいた情報に変更があった場合、お客様はその旨を遅滞なくCSPへ届け出るものとします。
5. CSPは、正当な要請者であることを証するために必要な「CSPお客様番号」を、あらかじめお客様にお知らせします。また、「CSPお客様番号」は、お客様が緊急連絡先に ご指定いただいた方々それぞれに対して発行します。
6. 本サービスの要請者は、お申込ページに入力された要請者で、かつ「CSPお客様番号」をお申し出いただける方に限るものとします。
7. CSPは、「CSPお客様番号」をお申し出いただけない方からの要請はお受けできません。ただし、「CSPお客様番号」以外の方法で要請者であるか否かの確認が取れた場合、CSPは出動をお受けすることができます。なお、出動の停止などの追加の要請をすることができる方は、最初に出動要請をした方に限ります。この場合でも、CSPは特に必要と判断した場合に限って、最初に出動要請をした方以外からの要請を受けることがあります。
8. 要請者がCSPに出動を要請する方法は、あらかじめCSPが指定した電話番号への電話に限るものとします。
9. 当該地付近に到着するまでの時間については、あらかじめお約束することはできません。
10.CSPは要請者からの出動の要請に対し受託の可否を判断するものとします。天災地変、局地的な豪雨などが発生、もしくは発生することが予測される場合等においてはCSPの都合により出動をお断りすることがあります。また、出動をお断りしたことによって生じた損害についてCSPは責任を負いません。
11.CSPは要請者から出動の要請を受けた場合は、まず当該地の位置情報を確認します。CSPが出動を受託する条件は、当該地のおおよその位置検索が可能で、検索結果が以下の場合とし、条件に該当しない場合は、出動をお断りする場合があります。
(1)当該地がCSPもしくはCSPの提携協力会社の出動可能範囲内
(2)警備対象が移動中の場合は、その移動速度が歩行速度以下の場合
   (歩行速度とは時速6km以下をいいます)
12.CSPは出動の要請を受諾後であっても、以下の場合には要請者へ報告のうえ、出動を中止する場合があります。
(1)CSPもしくは提携協力会社が出動対応中に、警備対象が次に該当する施設および場所に入っていることが確認できた場合
  ①第三者が占有・管理していて入場できない場所
  ②海上、河川、山中など捜索が著しく困難な場所
  ③入場が有料である場所
  ④CSPまたはCSPが委託している提携協力会社の提供地域外
  ⑤その他、出動する警備員に危険が生じる恐れがあるとCSPが判断した場所
(2)歩行速度を超えた速度で移動していることが確認できた場合

第6条(サービスの委託について)

CSPは、本サービスのコールセンター業務を株式会社CSPほっとサービスに委託します。
また、CSPが対応できないエリアの出動対応については、事前に指定した提携協力会社に委託します。

第7条(サービス提供停止)

CSPは、次の各号の事態が発生したときは、お客様にその状況を告知して、その状況が止むまでの間、本サービスの提供を停止することができるものとします。
(1)天災地変、暴動、公権力による処分等の不可抗力、または本サービスの実施を著しく困難とする事態が発生した場合
(2)お客様もしくは要請者が本契約のいずれかの状況に違反した場合
(3)お客様が支払いを停止した場合
(4)お客様から本サービス停止の申し出があった場合
(5)ソフトバンクの位置情報通知端末のサービス提供停止があった場合

第8条(契約の解除)

お客様またはCSPが次の各号のいずれかに該当したときは、相手方は相当な期間を定めて催告し、本契約を解除することができることとします。なお本契約における催告は、第2条第1項の申込時住所(契約後に変更申請があった場合は変更後住所)もしくは登記上の本店所在地へ書面を発送することとします。
(1)差押、仮差押、仮処分、公売処分、租税滞納処分その他これに準ずる処分を受けたとき
(2)会社更生手続開始、民事再生手続開始、破産、特別清算、競売の申立を受けたとき
(3)自ら、任意整理開始、会社更生手続開始、民事再生手続開始、自己破産の申立をしたとき
(4)手形交換所の不渡処分を受けたとき
(5)支払停止、支払不能等の事由が生じたとき
(6)ソフトバンクとお客様の端末の通信回線契約が解除になったとき
(7)お客様が料金の支払を複数月に亘って遅滞したとき
(8)CSPが本サービスの提供を怠ったとき
(9)第7条の本サービスの提供停止の理由となった事実が解消しないとき
(10)信用および財産状態が著しく悪化し、またはその恐れがあると認められる相当の事由があるとき
(11)相手方への届け出なく、本契約上の地位を第三者に譲渡したとき
(12)監督官庁より営業停止または営業免許もしくは営業登録の取消処分を受けたとき

第9条(事故発生時の損害賠償について)

1. CSPは本契約に定める対応を怠るなど、CSPの責任により直接に生じたお客様に与えた損害について賠償します。なお、以下に該当する場合を除きます。
(1)お客様が月額警備料、出動料の支払を遅滞し、相当な期間を定めてその支払を催告されたにもかかわらず、その期間内に支払わなかった場合
(2)お客様が本規約(重要事項説明書を含む)で定めるお客様のなすべき義務を履行しないために発生し、または拡大した損害
(3)CSPが無償で提供した契約に定められていない役務に関して生じた損害
(4)天災地変などの不可効力の場合、その他CSPの責任によらない事由より発生し、または拡大した損害
(5)要請者の連絡先変更の届出がなかったことにより発生した損害
(6)警備員の到着時間を起因とした事故などによる損害
2. お客様が法人の場合、前項の賠償額上限を4億円とします。

第10条(反社会的勢力であることを理由とする無催告解除)

お客様およびCSPは、相手方に対し次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、催告することなく本契約を解除することができ、一切の損害賠償義務を負いません。
(1)暴力団等反社会的勢力である場合
(2)暴力団等反社会的勢力が事業活動を支配し、または、反社会的勢力に不当な資金提供を行うなど、社会的に不相当な関係を有する法人その他の団体である場合
(3)法人その他の団体で、その役員または従業員のうちに暴力団等反社会的勢力に該当する者がいる場合
(4)お客様、CSP、若しくはそれぞれの関係会社の従業員に対し、暴力、脅迫、詐術等その他違法または不当な手段を用いて要求行為、その他の不法行為を行った場合

第11条(契約の終了について)

解除、解約により本契約が終了したときにCSPがお客様に対して有する債権額は、本契約で定める料金額の未払い分とし、違約金の定めはありません。

第12条(緊急措置)

本サービスの実施上緊急やむを得ざる場合においては、CSPはCSPが必要と認める措置をとることができるものとします。

第13条(機密保持)

1. お客様およびCSPは、本契約の実施にあたり知り得た相手方の機密事項を他に漏洩してはなりません。本契約の終了した後も同様とします。
2. 前項の定めにかかわらず、以下の情報は機密情報に含まれないものとします。
(1) 自己が知り得た時点で、既に公知であった、または公表されていた情報
(2) 自己が知り得た後に、自己の責によらずして公知となった情報
(3) 本契約に違反することなしに、自己が既に正当に保有していた情報
(4) 自己が第三者から秘密保持義務を負うことなく適法に入手した情報

第14条(個人情報の提供および委託について)

第6条で定める委託先のほかに、お客様の同意を得ずにお客様の個人情報を第三者に提供、開示することはありません。詳細は「お客様の個人情報のお取り扱いについて」のとおりとします。

第15条(契約内容の変更)

本契約の諸条件について、CSPはお客様に事前に告知のうえ、これを改定することができるものとします。なお、税率改定など変更事情がやむなき場合に限って、CSPは告知を経ずにこれをできるものとします。

第16条(譲渡禁止)

お客様およびCSPは、相手方への届け出なく、本契約上の地位を第三者に譲渡することはできないものとします。

第17条(苦情受付)

1. 本サービスに係る苦情を受け付けるための窓口
CSPケータイde アシスト コールセンター
住所:東京都目黒区東山1-5-4 KDX中目黒ビル7階
電話番号:03-5724-3275
2. ソフトバンクが提供する位置情報通知端末の機器や使用に関するお問い合わせは、CSPではお受けできません。ソフトバンクにお問い合わせください。

第18条(特約)

特約がある場合は別途内容を記載した書面をお客様に交付するものとします。
以上


お客様の個人情報のお取り扱いについて

(1) 個人情報の収集

CSPは、お客様の個人情報をお預かりする際には、その利用目的をお客様に明示し、ご本人の同意を得ます。また、その情報はサービスの利用目的に必要な範囲においてのみ収集します。

(2) 本サービスにおける個人情報の利用目的

CSPは、ご契約内容の実現のために個人情報を利用いたします。

(3) 個人情報の提供および委託

お客様の同意を得ずにお客様の個人情報を第三者に提供、開示することはありません。ただし、法律の定め、または法律の手続きにより開示が必要とされる場合には開示する場合があります。
また、以下の者は当該第三者から除くものとし、情報を共有することにお客様はあらかじめ同意するものとします。
① ソフトバンク株式会社
② ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社
③ 第6条記載の委託先
④ CSPおよび①~④における、それぞれの顧問弁護士・税理士・会計監査人

(4) 個人情報の安全確保

お客様からお預かりした情報は、細心の注意をもって安全、適切に取扱います。万が一、個人情報の漏洩事故が発生した場合は、速やかにご連絡を差し上げるとともに、適切な対応を図ります。

(5) お問い合わせ窓口

個人情報の保護に関する全般的なお問い合わせ
セントラル警備保障株式会社 本社 03-3344-8731
受付時間:平日9:00~17:00